骨盤底筋は中折れ防止だけではない

骨盤底筋

 

骨盤底筋と言うのは性行為の際に勃起力を持続して、中折れを防止する効果があると言うだけではありません。
上記のことだけではなく、尿漏れなどを防ぐ効果があるのです。

 

年をとって高齢になればなるほど、精力も低下していき、筋力の衰えの関係状、骨盤底筋に関しても低下していきます。
そのため、挿入中に中折れしてしまうだけではなくて、尿漏れを起こすようになってくるのです。

 

もしも、あなたが40代、50代と言うのであれば、骨盤底筋を鍛えると言うのは中折れ防止だけでなく、尿漏れを防ぐ結果を得られることもできるのです。

 

そう考えると、少しは骨盤底筋を鍛える努力をしてみようとは思いませんか!?
一つで二つの効果が得られるのですから・・・

 

たとえ、今現在、尿漏れが起きていなかったとしても、月日が経ち、骨盤底筋が低下するにつれ、いつか尿漏れと言うのはおきてきます。

 

しかし、骨盤底筋を鍛えていればその可能性を極限まで下げることができるだけでなく、中折れ防止にも役立ち、満足の行く性行為を行うことができます。

 

尿漏れする男性は多い

 

あなたがまだ若くて尿漏れを経験したことが無いのであれば、自分がそんな行為をしてしまうなんて全く想像が付かないと思います。

 

しかし、残念ながら尿漏れを起こす老人の人と言うのは非常に多いのです。
良く女性の人が結婚して、男性の夫婦と一緒に住むことを嫌がる人はいますが、
その一つが尿漏れでもあるのです。

 

老人になると、尿漏れは日常茶飯事のように起こるので、その後始末をするのは、
いつも自宅にいる主婦になるのです。

 

他人のお漏らしした後始末をするのを嫌がるのは当然のことだと思います。
そして、本人にも非常に恥かしいことだと思います。

 

もしも、あなたが骨盤底筋をを鍛えていればこのような事態を回避することが出来ます
いつか、子供の嫁さんに自分の尿漏れの後始末をさせたいですか!?

 

そんなことないはずです。
骨盤底筋を鍛えるようにしておきましょう。